Art / Post

顔を見せないアーティスト? Rafael Sliks個展開催

2018年10月に東京・代官山にオープンした、国内唯一のストリート・アーティストを中心としたギャラリーJINKINOKO GALLERY にて、ラファエル・スリックスの個展が開催される。2019年8月24日(土)〜9月1日(日)まで。

コミックやアクションものの東洋映画、スケートボードが大好きだったというブラジル出身のスリックス。サンパウロのストリートから作品制作をスタートした彼は、現代のアーバンヴィジュアルアーティストとして世界のストリートの壁や路地に流れるように美しくタギングを描き、見るものを魅了する。長いキャリアをもって形成されたその作品は非常に正確で、ダンスの動きのように描かれているのが特徴だ。

ラスコーの洞窟壁画、東洋の表意文字、レオナルド・ダ・ヴィンチの秘められた構図、ジャクソン・ポロックのアクションペインティングなどからもインスピレーションを受けたという先進的な表現方法は、国内外で芸術的に高い評価を得ている。

顔や私生活を一切公開していない謎めいた存在のスリックスが、本展のために来日! ぜひこの機会に足を運んでみては。

「RAFAEL SLIKS solo exhibition “Affective Memories”」

会期/8月24日(土)〜9月1日(日)
会場/JINKINOKO GALLERY
住所/東京都渋谷区猿楽町22-1
開館時間/12:00~20:00

※初日:8月24日(土)18:00~20:00、最終日:9月1日(日)12:00~18:00
休館日/水

URL/jinkinokogallery.com


Text : Akiko Kinoshita

Recommended Post

Magazine

ec

October Special 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power(Special)

私より、あなたのために(特装版)

オンライン書店で購入する