People / Post

ジェーン・バーキンがバッグに常備しているものとは?

©Bang Media International
©Bang Media International

ジェーン・バーキン(Jane Birkin)はエルメスのバーキンのバッグにシルクスカーフを常備しているそうだ。

1984年にパリからロンドン行きの飛行機でエルメスのジーン・ルイス・ドゥーマス会長の隣に座ったことがきっかけで今や定番となっているバーキンのバッグが誕生したのは有名な話だが、そんなアイコン的存在のジェーンには欠かさず持ち歩く2つのアイテムがあるのだという。

「シルクスカーフにダイアリー、これがないと私は落ち着かないの。たぶんそれに携帯なんかも足すべきなんだろうけどね」

そんなジェーンの美の習慣とは、ファンデーションだけなのだそうで、英版ヴォーグにこう語っている。

「鼻の周りとシミにはシスレーのフィトタンエクラを使ってる。それにM·A·Cのリップペンシルのソアをリップとチーク、それにナーズのアイシャドーのベンガリ。あと夜の外出時にはマスカラを少しね。そしてアンブリオリスのモイスチャークリームでメイクを落とす」

一方でファッションに関しては、メンズの服も活用しているそうで、「私はよく買い物をするけど、それを着て2週間くらい寝るの。そうするとかなり着た感が出るでしょ」「(メンズのズボンをよく買う理由は)ポケットの中で手をもてあそんでるのが好きだから。一番新しいズボンはエージェントのものをもらったの。長年他人が着ていた感じが好きなのよ」と語った。

そんなジェーンにとって一番好きな洋服とは、イギリス海軍少佐だった亡き父の服なのだそうだ。
 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する