People / Post

リアーナ、小さい頃から悪口なんて気にしない!

©Bang Media International
©Bang Media International

リアーナ(Rihanna)は、子供の時からタフな心を持ち合わせていたという。

デビュー以来、批判の声にめげることなく活動を続けてこられたのは、小さい頃からネガティブなコメントに耳を貸さない太い神経の持ち主だったからだそうだ。

リアーナは、「私は何を言われても気にしないタフな心を持っていると言える。小さい頃からそうだったの。私を決して過保護にすることがなかった両親のおかげね。親からからかわれると私も直ぐさまやり返した。学校へ行き始めた頃には、周りの子供達が馬鹿に思えた。私の将来に備えて神様がそうしてくれたのかもね。私は人のコメントに左右されないの」とインタビュー誌に話す。

しかし、チャットルームに参加して匿名で話す人の気持ちはわかるそうで「子供の時『チャットルームでは何を言ってもいいのね。私の歳も、私が誰だかも、どこにいるかも知られないし』って思ったのを覚えている。画面を前に言いたい放題の子供のイメージ。その子供が(批判的な)コメントの裏側にあると思う。私に面と向かってあんなことは言えないわよ。きっと挨拶すらできないわね」と続ける。

一方で、「ザ・ネイビー」と呼ばれる自身の忠実なファンについては「素晴らしいわ。私は10代でデビューしたからファンもまだ若くて、私達は一緒に成長してきたの。私たちの歩み、そして同時にその旅路が進化していることを考えると凄いわね。今の私を作り、キャリアを成功させてくれたのは完全にファンのおかげだと感じる。神様がチャンスを与えてくれて、ファンが支えてくれたから私はここまで来れた。本当に感謝している」と語っている。

 

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

September 2019 N°129

2019.7.26発売

The Only Ones

新時代の表現者たち

オンライン書店で購入する