Art / Post

話題の「ガラスの茶室 − 光庵」が東京に!@国立新美術館

「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」 2019-2021年 国立新美術館 公開風景
「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」 2019-2021年 国立新美術館 公開風景

京都の将軍塚青龍殿にて披露され、大きな話題を呼んだ吉岡徳仁による「ガラスの茶室 − 光庵」。満を持して東京・六本木にある国立新美術館にて公開中。何度でも訪れたいスポットになること間違いなし!

デザイン、建築、現代美術と領域横断的に活動し、自然と光をテーマにした作品で国際的に評価されている吉岡徳仁。

彼の代表作のひとつ「ガラスの茶室 − 光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展で発表され、以後2015年には京都の将軍塚青龍殿にて披露され大きな話題に。今年4月より国立新美術館に舞台を移し、公開中だ。

「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」 2019-2021年 国立新美術館 公開風景
「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」 2019-2021年 国立新美術館 公開風景

さらに同会場では、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」、新作の「Water Block – Sphere」も合わせて展示。自然光によって変わる作品の表情に注目を。会期は2021年5月まで。時間や季節を変え、何度でも訪れたい。

「吉岡徳仁 ガラスの茶室 − 光庵」
会期/2019年4月17日(水)〜2021年5月10日(月)
会場/国立新美術館 正面入口前
住所/東京都港区六本木7-22-2
休館/毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
時間/10:00〜18:00
TEL/03-6455-3576(株式会社吉岡徳仁デザイン事務所)
URL/www.nact.jp/2019/chashitsu/

Text:Akane Naniwa

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する