Art / Post

世界12カ国を巡って話題のVR作品を3日間限定公開

©︎Cie Gilles Jobin
©︎Cie Gilles Jobin

振付家のジル・ジョバンによる、新しいテクノロジーを活用した作品「VR_I」が公開される。2019年5月1日(水・祝)〜3日(金・祝)までの3日間、東京・南青山のスパイラルガーデンにて。

スイス・ジュネーブを拠点に活動する振付家、ジル・ジョバン。1997年に自身初めてのダンス作品「A + B = X」を制作すると、瞬く間にヨーロッパで振付家としての地位を確立。ジョバンによる身体への深い考察や高度なダンス技術は、今や世界的に高い評価を得ている。日本では、2008年にスパイラルと山口情報芸術センター[YCAM]で上映された人と情報との関係性を描くダンス作品「Text to Speech」で好評を博した。

このたび、ニューヨークやソウル、上海など世界12カ国でツアーが開催中の、新しいテクノロジーを活用した最新作「VR_I」を携えて再来日。本作は、モーションキャプチャ技術(現実の人物や物体の動きを、デジタル的に記録する技術)を専門とする団体「アルタニム(Aeranim)」と共同して制作されたもの。17年には、カナダ・モントリオールのヌーボー・シネマ・フェスティバルで、新しいプラットフォームの最も革新的な作品に送られるイノベーション大賞および観客賞を受賞している。

©︎Cie Gilles Jobin
©︎Cie Gilles Jobin

©︎Cie Gilles Jobin
©︎Cie Gilles Jobin

観客はヘッドセットを装着しコンピュータを背負うことによって、ダンサーが現れる仮想空間へ同時に没入。8×5メートルの空間を自由に動き回り、観客同士による身体的なコミュニケーションを取ることができる。

本作の公開に合わせて、トークイベント『鑑賞者が踊る?テクノロジーで拡張するダンスの「今」』が、5月1日(水・祝)に開催。ジル・ジョバンと、Perfumeなどの振り付けで知られるMIKIKOが登壇する(要予約)。

観客とダンサー、観る者と観られる者の関係が揺さぶられる、未知なる没入体験を楽しむことができるこの機会、ぜひお見逃しなく!

VR_I
CIE GILLES JOBIN & ARTANIM PRESENT A CONTEMPORARY DANCE PIECE IN IMMERSIVE VIRTUAL REALITY
会期/2019年5月1日(水・祝)12:20〜17:40、5月2日(木・祝) 11:20〜18:20、5月3日(金・祝) 11:20〜18:20
※各回説明10分+体験15分
※体験スケジュールは、下記URL先をご参照のこと
会場/スパイラルガーデン(スパイラル1F)
住所/東京都港区南青山5-6-23
料金/¥1000(前売り・税込)
TEL/03-3498-1171
URL/www.spiral.co.jp/topics/spiral-garden/vr_i

Text : Manami Abe

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する