People / Post

ケイト・ハドソン、新たなファッションブランドをスタート

©Bang Media International
©Bang Media International

ケイト・ハドソン(Kate Hudson)が、新しいファッションブランド、「ハッピー・バイ・ネイチャー(Happy X Nature)」を立ち上げた。

2013年にテックスタイル社と共同でアスレジャーブランド、ファブレティックスを発足させたケイトが、同ブランドの成功を受けて、自身にとっては初となるプレタポルテブランドに着手した。

ケイトは、この新しいブランドについてインスタグラムにこう綴っている。「私にとって初めてのプレタポルテライン、ハッピーXネイチャーを発表するわ。もうすぐ発売!私達はあなたと自然をハッピーにすることを目指しているわ。気に入ってくれるといいんだけど!」

この投稿に添えられた同ブランドのPVでは、ケイト自身がモデルを務めボヘミアン風プレイリードレスや明るい色のブラウス、デニムのオーバーオールなどを披露している。

ゴールディ・ホーンを母親に持つケイトは以前、(エンターテイメント業界のセクハラ撲滅を目指す)タイムズ・アップ運動が全てのビジネスに反映することを望んでいると明かしていた。英国ファッション協会がロンドンで開催したQ&Aセッションにおいてケイトは「事態を受けて、私達は一同し、全ての職場における全ての女性のための運動発足のために自分たちに何が出来るかを考えたの。ハリウッドに限られたことではないわ。司法制度を通してこの運動のために戦って行きたい」と話していた。

そんなケイトは、ファッション界進出の最初のラインにアスレジャーというジャンルを選んだ理由についてこう話している。

「最初はドレスをやりたいと考えていたんだけど、会社や私のパートナーたちに何を提供できるかとよく考えてみたら、アスレティックウェアが理に適うことに気が付いたの」

「プリント地のレギンスを履くには、ヨガに夢中な人か、アスリートでなくてはならないっていう固定観念を取り除きたかった。テクノロジーを駆使しながらも遊び心があるこのコレクションは、それに共鳴しているわ」

ケイト・ハドソン、「ジェンダーレスな子育て」報道を否定

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する