Fashion / Post

「Dior」マリア・グラツィア・キウリがバレエ作品の衣装をデザイン

ディオール(Dior)のウィメンズ アーティスティック ディレクターを務めるマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)が、2019年3月29日から4月2日まで、ローマ歌劇場にて上演されるバレエ作品『ニュイ ブランシュ(白夜)』の衣装を製作した。

©Julien Benhamou
©Julien Benhamou

バレエといえば、2019春夏プレタポルテ コレクションのショーにおける、振付師シャロン・エイアルの演出によるダンスパフォーマンスが記憶に新しいディオール。音楽家フィリップ・グラスへのオマージュとして、特別に制作されたバレエ作品『ニュイ ブランシュ』の全16種類の衣装を製作した。

©Julien Benhamou
©Julien Benhamou

「音楽、シナリオ、衣装等、舞台芸術を支える様々な仕事に混じって、プロジェクトに参加できることに感激しています。わたしの仕事は《振り付け稽古》に似ていて、動きに完全になじむ衣装をつくることを目指しました」とマリア・グラツィア・キウリは語る。

チュールなどの肌が透ける軽やかな素材を組み合わせ、フラワーのモチーフをあしらった衣装は、ダンスの自由な身体表現を叶えながら、美意識を表現したもの。

©Julien Benhamou
©Julien Benhamou

本作は、フランス人振付師のセバスチャン・ベルトーが振り付けを担当。パリ・オペラ座バレエ団のエトワールやローマ歌劇場バレエ団の芸術監督を歴任したエレオノーラ・アバニャートと、プリンシパル・ダンサーのフリーデマン・フォーゲルらが、華麗なステップを披露した。

©Julien Benhamou
©Julien Benhamou

Dior
クリスチャン ディオール
TEL/0120-02-1947
URL/www.dior.com/

Text: Yukiko Shinto

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する