116
Culture Art

写真家・奥山由之が写し出す、新たな試みの写真展が開催中

雑誌や書籍、広告から、ミュージシャンのCD・DVDジャケットも数多く手がける写真家・奥山由之。その才能は写真だけに留まらず、テレビCMやミュージックビデオなど映像作家としても活動の幅を広げている。そんな彼の写真展「白い光」が東京・品川のキヤノンギャラリー Sにて4月15日(月)まで開催中。

1991年、東京生まれ。写真家・奥山由之(Yoshiyuki Okuyama)は、2011年に『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞受賞して以来、精力的に作品を発表しながら、雑誌や書籍、広告など幅広い媒体で活躍。くるりやnever young beachなど、ミュージシャンのCD・DVDジャケットも数多く手がけてきた。また、その才能は写真だけに留まらず、テレビCMやミュージシャンのMVなどで監督を務めるなど、映像作家としても活動する気鋭の作家として注目を集めている。

そんな奥山の写真展「白い光」が、キヤノンギャラリー Sで開催。作品を通して“写真を見る”行為を再認識できるような空間として会場が構成される。

本展について奥山は、以下のように語っている。
「未だ視覚や知覚は、“視ること”と“見ること”の境界を認識出来ているだろうか。詩的に言えば、視えることで見えなくなったものがあるのではないか。果たして、写真はいま、認識の対象にあるのか。目を凝らし、光を照らす。その光の先には、何がある。」(本展の作家メッセージより)

写真家・奥山由之による、これまでにない新たな試みをぜひお見逃しなく!

奥山 由之 写真展:白い光

会期/2019年3月7日(木)〜4月15日(月)
会場/キヤノンギャラリー S
住所/東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー1階
時間/10:00〜17:30
休館日/日曜、祝日
TEL/03-6719-9021
URL/cweb.canon.jp/gallery/archive/okuyamayoshi-white/index.html

Text : Manami Abe

Recommended Post