People / Post

テイラー・スウィフト、キム・カーダシアンとの抗争は「人生で一番落ち込んだ」

 ©Bang Media International
©Bang Media International

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が、2016年のキム・カーダシアン・ウェスト(Kim Kardashian West)との確執による自身の落ち込みようについて告白している。

3年前、キムの夫カニエ・ウェストは自身の曲『フェイマス』の詞で名前を使用していいかとテイラーに電話、その際に録画されたカニエとテイラーの会話をキムが公開したことで、2人の間で諍いが勃発する結果となっていた。

その交戦の最中、テイラーは自分の名前を使ってカニエから「あのビッチ」と言われるなんて知らなかったと主張するも、キムはテイラーを「蛇」呼ばわりするなど2人の間で舌戦が繰り広げられていたが、そんな中テイラーは内心塞ぎ込むばかりだったそうだ。

エル誌4月号にテイラーはこう明かしている。「数年前に誰かさんがインターネットで私を蛇と呼ぶヘイト・キャンペーンを実施していたわ。実際多くの人がそれに参加して、私は人生で一番落ち込むことになった」

しかし現在では当時の状況を笑い飛ばせる程になり、「レピュテーション」ツアーのライブでバルーン型の蛇を使用するなど、ほとぼりは冷めたようだ。

「他人からの些細ないじめを解除するのは単純に笑顔でいることよ。経験上、怖がったり真面目に捉えることがいじめる側の望む事だから」「6万人の観客の大歓声の中、63フィート(約20メートル)のコブラ『カリン』がステージに登場するごとに私は笑いを堪えていたの。インスタグラムの荒らしコメントの返事にはスタジアムツアーがお似合いだわ」「いじめた側からの謝罪がもらえたら素敵ね。でも、自分は乗り越えた、上手くやり遂げたっていう満足で十分だわ」

そんなテイラーだが、今回2017年に起きたアリアナ・グランデのライブ会場でのマンチェスターテロ爆破事件や、ラスベガスの音楽フェスティバルでの銃乱射事件後、ツアーをするのが恐怖になったと明かしてもいる。

「マンチェスター・アリーナでの爆破とベガスのコンサートでの乱射事件後、自分のツアーが本気で怖くなった。7か月間で300万人のファンたちを安全に守る術が分からなかった。そして、膨大な時間と費用、そしてスタッフの努力が安全を保つために費やされたわ」

「暴力への恐れは自分の私生活にも影響を及ぼし続けている。クイッククロットの軍用創傷包帯を携帯しているの。銃傷や刺傷のためのものよ。ネットやタブロイド紙が私の住所をばら撒くから、家に押し入ろうとするストーカーは現れるし、最悪の事態に準備しなきゃいけない。私は毎日世界のいい部分を見ようとしている。自分が見てきた愛や、慈悲の心を信じているわ。自由に生きるために勇気を持って生きていかなくてはいけない。最大の恐怖になんか囚われてはいけないの」

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する