Fashion / Post

ファッション好きのためのセレクトショップ「Publux」が新オープンPROMOTION

ファッション好きのためのハイエンドなセレクトショップ「パブリュクス(PUBLUX)」が、2019年3年9日(土)南青山に新たにオープン。ジェンダーレス、エイジレスをキーワードに、おしゃれをとことん楽しめる注目のストアが誕生する。

ちょっとニッチでユニークなテイストと、カルチャーのエッセンス、そして意外性のあるコーディネート。「フリークスストア」などを手掛けるデイトナ・インターナショナルから新たにオープンする「パブリュクス」は、大人もはしゃげる洋服や、自身の“らしさ”を追求できる提案が揃うセレクトショップだ。

70年代後半、アンディ・ウォーホル、ミック・ジャガー、ダイアナ・ロスといった当時のセレブやクリエイターが夜な夜な集うニューヨークの伝説的ディスコ「STUDIO54」や、同じく60~70年代中盤にロンドンにあったロマンティックでボヘミアンなスタイルで若者たちの間で大ブームとなったブティック「BIBA」などをイメージし、音楽やカルチャーを感じることのできるユニークな空間やアイテムを楽しめる。

本当に服好きなスタッフだけが集うショップでは、香港出身のジョセフ・リーによるリサイクル材を使用したブランド「サイクル(pcycl)」や、「ゴーシャ・ラブチンスキー」のモデルを務めるデザイナーによる「アントン・リシン(ANTON LISIN)」、次世代のロンドンのスターデザイナーとして注目を集める「マルタ・ジャクボウスキ(MARTA JAKUBOWSKI)」など、まだ広く知られていない新進気鋭のブランドをラインナップ。

さらに、アーティなオリジナルテキスタイルとモダンなシルエットで人気の「レイチェル・コーミー(RACHEL CORMEY)」や、ガーリーで上品な大人のリアルクローズを楽しめる「ローズアンナ(ROSEANNA)」、江角泰俊デザイナーが手掛ける「エズミ(EZUMI)」なども展開。

「ジャーナルスタンダード」や「アメリカンラグ シー」のウィメンズバイヤーを歴任した平ゆかりディレクターが独自の視点でセレクトした国内外のブランドからは、どこまでも自由なファッションの楽しさを改めて感じることができる。

袖を通すだけでどこかに出かけたくなったり、いつもより大胆になったり。「パブリュクス」に来ればポジティブに背中を押してくれる“何か”に出会える、注目のショップにぜひ足を運んで。

PUBLUX aoyama

住所/東京都港区南青山5-4-27
TEL/03-6427-4335
URL/www.publux.jp

Text:Anri Murakami Edit:Masumi Sasaki

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する