Food / Post

「Ladurée」世界で6点だけの豪華ボックス。京都の老舗とコラボ

「ラデュレ(Ladurée)」が、唐紙の老舗「唐長」が手掛ける次世代ブランド「雲母唐長」とコラボレート。世界で6点のみの贅沢なトレジャーボックスを2019年1月2日(水) 、ラデュレ日本橋店で発売する。

1624年創業の「唐長」は、日本で唯一途絶えずに11代続く京都の老舗の唐紙屋。この「唐長」の伝統や技を継承する次世代ブランドとして、トトアキヒコと千田愛子夫妻が手掛ける「雲母唐長」は、紙という枠にとらわれない新たなプロダクトを、異業界とのコラボレートで発表し続けている。

ラデュレと「雲母唐長」のラグジュアリーなトレジャーボックスは、シダ植物の“信夫”を用いた、伝統の文様「信夫の丸(しのぶのまる)」で装飾。成長と繁栄の意を表すモチーフを、華やかなシャンパンゴールドと白の組み合わせで表現した唐紙には、18世紀の板木が用いられている。

世界に6点しかない貴重なボックスは、最初の1点をパリ本店のラデュレ・ロワイヤル店で、年末から特別にディスプレイ。さらに年始から日本橋店で、5点限定で販売する。

フランスと日本の歴史あるメゾンがコラボレートした贅沢な逸品で、まるで宝石箱を開けるような、心躍るワクワク感を楽しんでみては?

ラデュレ・雲母唐長 限定トレジャーボックス
発売日/2019年1月2日(水) 10時~
※世界で5点のみ。ラデュレ日本橋店で先着順で販売
価格/¥200,000
※トレジャーボックスのみの価格
※お好みのマカロン、もしくは焼き菓子を詰めることも可能
URL/https://www.laduree.jp/

Text:Anri Murakami

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する