527
Culture Post

レア・セドゥ、「007」シリーズに復帰

©Bang Media International
©Bang Media International

レア・セドゥ(Lea Seydoux)が「007」シリーズに帰って来るようだ。

2015年作『007 スペクター』でボンドガールのマドレーヌ・スワン役を務めたレアは、シリーズ第25弾となる新作で、最後のジェームズ・ボンド役となるダニエル・クレイグと再び共演することになる。

最新作で「007」シリーズの監督を初めて務めるキャリー・フクナガはデイリー・ミラー紙に、「レアが戻って来る」とコメントし、レイフ・ファインズやベン・ウィショー、ナオミ・ハリスらお馴染みの出演陣が再び登場することも認めている。

『007 スペクター』で、スワン役のレアはオーストリアのアルプスでボンドとの情事を熱演していた。またイェスパー・クリステンセン演じるミスター・ホワイトの娘であるスワンは、犯罪組織「スペクター」を追うボンドを手助けする役回りだった。

一方でフクナガは、今年8月に創作性の相違を理由に降板したダニー・ボイルの後任として、この大役に任命された。

その際、プロデューサーのマイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリは、「キャリーと一緒に仕事ができることに大変喜んでいます。彼の多彩さと革新さはジェームズ・ボンドの新たなアドベンチャーに最適です」と期待を寄せるコメントを出している。

「007」シリーズの最新作は、2020年2月14日公開予定だ。

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recommended Post