635
Fashion Post

Kōki,が登場!「Chanel」ジャン=ポール グード展のショートフィルム公開

©CHANEL
©CHANEL

ジャン=ポール グードの展覧会「in Goude we trust!」が2018年11月28日~12月25日、銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催。この展覧会に合わせて、「シャネル(Chanel)」のビューティ アンバサダーを務めるKōki,が登場する、スペシャルフィルムが公開された。

©CHANEL
©CHANEL

ジャン=ポール グード自身が手掛ける「in Goude we trust!」展では、「シャネル」とのこれまでのコラボレート作品、厳選したパーソナルなアート作品の2つのパートで会場を構成。「エゴイスト」や「ココ」「チャンス」などのヴィジュアルから、ポンピドゥーセンターで展示された巨大パノラマパネルまで、多種多様な表現でその素晴らしき世界へと誘ってくれる。会場内のミニシアターでは、これまでの作品や活動をまとめた約90分の映像「So Far So Goude」も上映予定だ。

©CHANEL
©CHANEL

さらにグード自身が、この展覧会の世界観を伝えるフィルムに、「シャネル」のビューティ アンバサダーを務めるKōki,が登場。展覧会の公式サイトでは、予告フィルム2本のほか、パリでの撮影風景を収めたメイキング映像を公開中。

©CHANEL
©CHANEL

「ヌメロ・トウキョウ」2018年12月号の特別版の表紙も飾っている、新世代モデル、Kōki,のフレッシュな演技を、グードのユニークな表現が引き立てる印象的な映像となっている。

気になる映像はこちら。

ジャン=ポールグードは、1990年に登場した「シャネル」の男性用フレグランス「エゴイスト」をきかっけに、メゾンとの取り組みを開始。半世紀に渡り世界的なイメージメーカーとして、人々の記憶と広告史に残る多くの傑作を生み出している。

©JEAN-PAUL GOUDE
©JEAN-PAUL GOUDE

近年では2014年に、デヴィッド・リンチや舘鼻則孝らと美術館「21_21 DESIGNSIGHT」で開催された「イメージメーカー」展に参加。今年4月には、「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」で日本初の回顧展を行うなど、日本とも縁が深い。

©JEAN-PAUL GOUDE
©JEAN-PAUL GOUDE

©JEAN-PAUL GOUDE
©JEAN-PAUL GOUDE

グードが、世界的なイメージメーカーになるまでの軌跡を五感で感じることができる、日本での貴重な展覧会に、会期中ぜひ足を運びたい。

“In Goude we trust! “
会期/2018年11月28日(水)~12月25日(火) (入場無料・会期中無休)
時間/12:00~19:30 (11月30日(金)は17:00まで)
会場/シャネル・ネクサス・ホール
住所/東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
URL/https://chanelnexushall.jp/program/2018/jeanpaulgoude/

Text:Anri Murakami

Recomended Post