258
Culture Post

リアーナ、来年のスーパーボウル出演依頼を受けていた!?

©Bang Media International
©Bang Media International

リアーナ(Rihanna)が来年のスーパーボウル出演依頼を受けていたという。

53回目となる同イベント出演のオファーを受けるも断ったそうで、アメリカ国歌斉唱中の起立を拒否している元サンフランシスコ・フォーティーナイナーズのクォーターバック、コリン・キャパニック選手の支持を表してのことだという。

関係者がUsウィークリー誌にこう明かした。「NFLとCBSは来年アトランタでリアーナにパフォーマンスをしてもらいたかったのです。オファーもしましたが、彼女はノーと答えました。(人種差別問題などへの反発の意味で一部のNFL選手らが)膝をつく抗議を支持してのことです。NFLに賛同しかねないのです」「このオファーは新作やツアーのことを考えるとまたとないチャンスでした。しかし彼女は自身の意志を尊重したのです」

キャパニック選手は膝をつくその抗議運動を2016年にスタート、試合前の国歌斉唱で立ち上がらず、アメリカ警察による暴力と人種差別への反意を示していた。そして2017年の3月にはフォーティーナイナースとコリンの契約は更新されることなく他チームも彼を受け入れることはしなかった。そしてコリンは自身の主義によって、雇用契約がされないとしてNFLに対して訴訟を起こすに至っていた。

一方来年の同イベントのハーフタイムショーには特別ゲストとしてカーディ・Bらを迎え、マルーン5が務めると報じられていたが、NFL側はこの噂について否定している。

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post