053
Culture Post

スヌープ・ドッグ、料理本を上梓

©Bang Media International
©Bang Media International

スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)が大麻不使用の初の料理本で読者の食卓を席巻すると意気込んでいる。

今年5月からカリスマ主婦兼ライフコーディネーター、マーサ・スチュワートと共に料理バラエティ番組『マーサとスヌープのポットラック・ディナー・パーティー』に出演、本格的に料理を学び始めたというスヌープは、お気に入りのレシピをまとめる時が来たと話す。

「俺の台所は燃え上がっている。俺が試し済のお気に入りレシピで料理本業界のレベルをあげてやるぜ」

そのレシピにはマカロニチーズ、フライドチキン、ワッフル、スペアリブなどが並び、他にも自身の1993年のヒット曲にかけて本人特製のジン・アンド・ジュースの作り方も掲載されているそうだ。

そんなスヌープは、僅か3か月前にはマーサと一緒にプロ顔負けで料理を学んでいると明かしていたばかりだった。「マーサが俺に料理の鉄人になる方法を教えたんだ!皿の盛り付けも非常に厳密だ。俺ならぱっぱとやるところを、彼女は本物のプロフェッショナルのように計算しつくしたやり方を教えてくれている。俺は修行中」

しかし師弟関係は一方的なものでもないようで、「俺はマーサにベーコンの作り方を教えた!ボロニアソーセージのサンドイッチの作り方だって教えた。ゲットー仕込みのいくつかを俺が教えて、彼女は人生のより高尚なものについて俺に見せる。(フランス産マスタードの)グレイプーポンといった類のだ!」と明かしていた。

そしてマーサとの意外な友情に敬意を表し、「俺らの関係は非常に特別なものだ。誰も俺らが関わること、まして友情を形成するなんて考えちゃいなかっただろう。しかし奴らは間違っていた。表紙で本を判断するな。理解し学ばないと」と続けた。

スヌープは2015年に大麻ブランド「リーフス・バイ・スヌープ」を発足したことでも話題となっており、昨年同ブランドは1億3500万ドル(約150億円)という爆発的な売り上げを記録していた。

スヌープの料理本『クルック・トゥ・クック』は10月23日より発売される。

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post