717
Culture Post

ジェニファー・アニストン、同業の女性たちから言葉の暴力を受けていた!?

©Bang Media International
©Bang Media International

ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)は、男性よりも同じ業界の女性たちからひどい言葉の暴力を受けていたという。

ジェニファーはキャリアを通して役者からぞんざいな扱いを受けた一方で、他の女優たちからも批判や言葉の暴力を受けていたという。

「個人的な経験だけど、この業界の女性たちから言葉とか精神的に悪い扱いを受けていたの。他の役者からぞんざいな扱いをされたけど、離れることでやり過ごしたわ。権力ある人に不快にされたり、利用されたことはないんだけどね」

しかし、ジェニファーはハリウッドでのセクハラ被害を亡くす目的の#MeTooやタイムズ・アップといった運動が始まるのに時間がかかりすぎたと考えており、人々が男性を含む他者により耳を傾けるようになることを望んでいるという。

ジェニファーは「(#MeTooは)もっと早くに始まっているべきだった。でも、より他者に耳を傾けることも必要なの。男性も含めてね。この議論の一部になることが必要なわけ。皆が怒って攻撃的になっていたら、人は話すことを心配するようになって、議論にならないわ。政治も同じ。お互いに関わり合って、最後まで話を聞くこと。怒っている人に身をかがめているわけにはいかないから。ミシェル・オバマが言っていたわ。『低姿勢の人には、高圧的になる』って。真の成長を望むなら、そういう生き方に悩まないと」と続けた。

また、ジェニファーは女優同士を張り合わせようとする考えや、同業界の女性たちを「寂しく孤独」に描写する傾向を批判した。

ジェニファーはインスタイル誌9月号のインタビューで、こう話している。「女性ってこき下ろされたり、見た目や服装と外見で他人と張り合わされる。ハリウッドでカップルが破局を迎えると、軽蔑されるのは女性よ。女性は寂しく1人でいるの。彼女は敗者なの。離婚した子供がいない男性の記事を最後に読んだのは一体いつよ?」

最新のセレブニュースはこちら

Photo: bangshowbiz

Recomended Post