516
Culture Art

中村勇吾によるコーネリアスの新曲に基づく展覧会が開催

東京・六本木の東京ミッドタウン内21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2にて、音楽をテーマにした企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が開催される。6月29日(金)よりスタート。

私たちが普段、何気なく親しんでいる「音楽」。音楽は、その音色や音域、音量、リズムなどの要素からデザインされた構造物(アーキテクチャ)でありながら、その成り立ちや構造について意識する機会は少ない。

そんな音楽の魅力に迫る、意欲的な展覧会が開催される。展覧会のディレクションは、ウェブやインターフェイス、映像の分野で高く評価されている中村勇吾が担当。会場では、ある一つの音楽をもとに空間を構築。様々なメデイアが連動・調和することで「音楽建築空間」を作り出し、体験できる試みとなっている。

Cornelius スタジオライブ撮影の様子(撮影:稲垣哲朗)

音楽は、ミュージシャンの小山田圭吾(Cornelius)が音楽の構造に着目した楽曲を提供。その新曲『AUDIO ARCHITECTURE』をもとに、ユーフラテス(石川将也)+阿部 舜や、勅使河原一雅など9組の気鋭アーティストがそれぞれの視点で解釈し、映像作品を制作する。また、会場構成はWonderwallの片山正道が担当し、ダイナミックな空間を提供する。

音楽と映像、空間が一体となった会場で、音楽への新鮮な視点を発見してみたい。

AA_graphic_mainvisual
AA_graphic_mainvisual

展覧会メインビジュアル デザイン:北山雅和(Help!)

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展
会期/2018年6月29日(金)〜10月14日(日)
会場/21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所/東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
入館料/一般 1100 円、大学生 800 円、高校生 500 円、中学生以下無料
時間/10:00〜19:00
休館/火曜日
TEL/03-3475-2121
URL/www.2121designsight.jp

Text : Manami Abe

Recomended Post