478
Culture Post

山田孝之&柿澤勇人主演、福田雄一 演出!ミュージカル・コメディ『シティ・オブ・エンジェルズ』に注目

1940年代のハリウッドを舞台にしたミュージカル・コメディ『シティ・オブ・エンジェルズ』が、2018年9月1日(土)より、東京・新国立劇場にて上演される。主演には山田孝之と柿澤勇人、演出・上演台本は福田雄一!

Text:Hiromi Mikuni

『シティ・オブ・エンジェルズ』は、「スイート・チャリティ」などで知られる作曲家サイ・コールマンによる、スイングジャズ風のメロディが印象的な名作サスペンス・コメディ・ミュージカル。1989年にブロードウェイで初演され、90年にはトニー賞6部門、2015年にはローレンス・オリヴィエ賞2部門を受賞している。

舞台となる1940年代後半のハリウッドは映画最盛期の時代。当時はプロデューサーが最高権威者であり、作家はタイピスト的存在として軽くあしらわれていた。そこで映画のシナリオライターとして夢を叶えようとやってきた新進作家スタインの葛藤が描かれる。
スタインは自分の小説『CITY OF ANGELS』の映画化にあたり、ヒーローのストーンを自分の理想像として描こうとする。それはロマンとダンディズム、ニヒルでセクシーな、フィリップ・マーロウやサム・スペードのような、伝統的でタフな私立探偵だった。そして彼らのようにストーンもまた、美女に弱く、空の財布に悩まされるのだった・・・・やがてシナリオの世界と現実が混乱し始め、様々な事件が起きる。

作家スタイン役を柿澤勇人が、私立探偵ストーン役を山田孝之が演じる。上演脚本と演出は、映画『50回目のファーストキス』、ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで山田とタッグを組んでいる福田雄一。そのほか、渡辺麻友、瀬奈じゅん、木南晴夏、勝矢、山田優、佐藤二朗の出演も決定している。ジャズのメロディが溢れる傑作ミュージカル・コメディ『シティ・オブ・エンジェルズ』。福田雄一が描き出す、ユーモア溢れる世界を堪能して!

ミュージカル『シティ・オブ・エンジェルズ』
公演期間/2018年9月1日(土)~17日(月・祝)
会場/新国立劇場 中劇場
チケット発売/一般発売 2018年6月23日(土)
チケット料金/S席 ¥11,500 A席 ¥6,500
*全席指定・税込
*未就学児童の入場はお断りいたします
チケット取扱い/ホリプロオンラインチケット 、ホリプロチケットセンター(03-3490-4949)
URL/hpot.jp/stage/coa-2

<地方公演>
9月21日(金)、22日(土)静岡・静岡朝日テレビ
9月27日(木)〜30日(日)大阪・新歌舞伎座

いいね!

Recommended Post