662
Culture Post

ファレル・ウィリアムスとカミラ・カベロがデュエットソングをリリース

©BANG Media International
©BANG Media International

ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)とカミラ・カベロ(Camila Cabello)がヒット曲『ハバナ』に続いてタッグを組んだ新曲『サングリア・ワイン(Sangria Wine)』をリリースした。

英語とスペイン語詞によるレゲエからの影響が顕著な今回の曲は、2018年1月に発表されたカミラのデビューアルバム『カミラ』からのシングルカットとなっている。

同新曲は「管のごとく俺の体を動かして、2つのドリンク、それが全て、ブラックワイン、俺はそれを縛り上げる、少しづつすすってくれ、頬を赤らめながら」という英詞や、「私のスレンダーな体を求めているんでしょう、私の熟練した精神を支配したいのね、誰もがそれを所有したいようだけど、何人も不可能だわ」というスペイン語詞などきわどい詞が並ぶ。

この曲は5月20日(日)ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナにて開催された、ビルボード・ミュージック・アワードにてカミラとファレルによってパフォーマンスが披露された。

最新のセレブニュースはこちら

Photo:bangshowbiz

Recomended Post