202
Culture Post

レオナルド・ディカプリオとスティーブン・スピルバーグが再タッグ?

©BANG Media International
©BANG Media International

レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)とスティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)が、新作映画での再タッグに向けて交渉中のようだ。

2人は、ユリシーズ・グラント元アメリカ大統領の伝記映画に関して交渉を開始したようで、ディカプリオはジェニファー・ デイヴィソンと共に製作に名を連ねる方向だ。

デッドラインによると、スピルバーグは2002年の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』以来となるディカプリオとのタッグを熱望しているそうだ。

グラントは1885年に63歳で亡くなるまでに、アンドリュー・ジョンソンの後を受けて大統領を2期に渡って務め、クー・クラックス・クランの抑制や金融の安定化に取り組んだ。

同作はロン・チャーナウの『グラント』を原作に、デビッド・ジェームズ・ケリーが映画化に向けて脚色する。映画化の権利は、2017年11月にライオンズゲートとアッピアン・ウェイが獲得していた。

また、ディカプリオとスピルバーグは、この先数年に渡って予定が目白押しとなっており、ディカプリオはクエンティン・タランティーノがメガホンを取る凶悪犯罪者チャールズ・マンソンをテーマにした映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に出演する予定となっている。一方のスピルバーグも、『インディ・ジョーンズ』の第5弾やその後の『ウエスト・サイド物語』のリメイク版などが控えている。

最新のセレブニュースはこちら

Photo:bangshowbiz

Recomended Post