054
Culture Post

エディ・レッドメイン、ホーキング博士へ追悼メッセージを発表

エディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)が14日(水)に他界したスティーブン・ホーキング(Stephen Hawking)博士への追悼メッセージを発表した。

Photo:bangshowbiz

世界的な物理学者であったホーキング博士が76歳でこの世を去ったことを受け、2014年作『博士と彼女のセオリー』でホーキング博士を演じたエディは、その中で「美しい心を持った人」と博士を惜しんだ。

「僕が幸運にもお会いすることのできた中でも、本当に美しい心を持ち、驚異的な科学者であると同時に最も面白かった男性を、僕たちは亡くしました。その比類ないご遺族の皆様にお悔やみ申し上げます」とエディは綴っている。

エディはホーキングの成功の軌跡と最初の妻であるジェーンとの関係を描いた『博士と彼女のセオリー』により、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞の主演男優賞を総なめにしており、ホーキング博士自らもエディの演技を絶賛していた。

博士は映画公開後、公式フェイスブックに「私は『博士と彼女のセオリー』でエディ・レッドメインが自分を見事に演じてくれたと感じています。彼はリアルさを出すために筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者と時間を過ごしました。まるで本当に僕なんじゃないかと思った時もあったくらいです」「この映画を見ること自分の人生を振り返るチャンスを与えてくれました。私は重度の障害を患っていますが、科学においては成功を収めてきています。世界中を飛び回っていますし、南極大陸やイースター島にも行ったくらいで、潜水艦や重力のないフライトの経験もあります。いつか宇宙に行けることを願っています」「幸運にも仕事を通じて、いかに宇宙が機能しているかということについて、私は少し理解を得られてきました。しかし、私の愛する人たちがいなければ、宇宙は空っぽでしょう」。

ホーキング博士は21歳でALSと診断された際、余命2年と宣告されていた。しかし、その後車いすと重度障害者用意思伝達装置を用いた生活ではるかに長生きしただけでなく、科学者としてもブラックホールや相対性原理において歴史的な発見を達成していた。

いいね!

Recommended Post