541
Culture Post

90年代生まれのロックユニットGLIM SPANKYが熱い!

Photo:HAJIME KAMIIISAKA

 

ロック好きの大人を夢中にさせているロックユニット「GLIM SPANKY」(グリム スパンキー)。公開中の映画「不能犯」の主題歌「愚か者たち」をリリースした。

Text:Saori Asaka

60〜70年代のロックとブルースを基調にした新しいサウンドで音楽ファンを魅了しているロックユニットGLIM SPANKY。強烈なボーカルで独自の世界観を生み出す松尾レミ(Vo/Gt)、聴かせるギターソロで圧倒的なパフォーマンスをみせる亀本寛貴(Gt)からなる、ともに90年代生まれの男女二人組みだ。

Photo:HAJIME KAMIIISAKA

Photo:HAJIME KAMIIISAKA
Photos:HAJIME KAMIIISAKA

2017年6月の日比谷野外音楽堂のワンマンライブに続き、3rdフルアルバム「BIZZARE CARNIVAL」を提げて行われた17年夏の全国ツアーの最終日となった東京・新木場COASTもソールドアウト! 2018年5月12日には、自身初の日本武道館公演も決定している。

現在公開中の松坂桃李主演の映画「不能犯」の主題歌「愚か者たち」をリリース。そぎ落とされたギターサウンドに松尾のハスキーな歌声が心地よくダークな世界へと導く。

日本のジャニス・ジョプリンとも称される松尾の歌声はすでに多くのCM歌唱でもみられ、現在放送中のCMでも、キャロル・キングの「I Feel The Earth Move」の歌声といえば、心当たりがある人も多いはず。

3rdシングル「愚か者たち」にはこの「I Feel The Earth Move」をGLIM SPANKY流にカバーした曲を含む全3曲入り。配信盤には2017年日比谷野外音楽堂でのライブ音源「怒りをくれよ」も。

“日本語ロックで世界を目指す”と公言する二人。一大旋風を巻起こすこと間違いなしのGLIM SPANKYから目が離せない!


シングル「愚か者たち」¥1,300発売中


フルアルバム「BIZARRE CARVIVAL」¥2,700(通常盤)発売中

GLIM SPANKY
URL/www.glimspanky.com

GLIM SPANKYのインタビューはこちら

いいね!

Recomended Post