364
Culture Post

ジェイ・Z、愛娘のためにアニメーションを制作

Jay Z
Jay Z

ジェイ・Z(Jay Z)が、愛娘ブルー・アイビー(Blue Ivy)の6歳の誕生日を祝うためアニメーションを制作したそうだ。

昨年ビヨンセ(Beyonce)との間に双子のルミ(Rumi)とサー(Sir)が誕生したばかりのジェイは、『ブルーズ・フリースタイル』と名付けられた新たなビデオをリリースし、自身のレーベル、タイダルからストリーミング配信をしている。

同アニメーションはジェイの最新アルバム『4:44』のボーナストラックとしても収められ、そこにはチュチュを着てバレエの振付を披露するブルー・アイビーとその様子を見守るジェイ、ビヨンセ、双子の子どもたちが登場している。ブルー・アイビーはいつも通り振付を続けるが、途中から頭を振り乱しマイクを片手にラップを歌い始めるという内容となっている。

ブルー・アイビーは以前にもジェイの『ファミリー・フュード』のミュージックビデオに、ビヨンセやミンディ・カリング、ロザリオ・ドーソン、アメリカ・フェレーラらと共にカメオ出演を果たしている。

一方のジェイは、父親になったことで自分自身が変化してきていると最近明かしており、親としての責任感を日々実感しているとしてこのように語っていた。「良い父親でいたいんだ、まだ勉強中だけどね。なにしろ俺にとっては初めての経験だからな」「父親になって俺も随分変わったよ。何が大事かってことがよく分かったんだ。でも俺意外とこういうことに向いてるんだ。あとは自分の信じた通り行動することだね」「大変なんだよ、本当に難しいんだから」。

©BANG Media Internationa

Photo:bangshowbiz

Recomended Post