498
Culture Post

故ジミ・ヘンドリックス、未公開曲を収録したアルバムがリリース

Jimi Hendrix

 

故ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の未発表曲10曲を含んだニューアルバムがリリースされる。

Photo:bangshowbiz

来年3月9日にソニーのレガシー・レコーディングスから発売される『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』には、『ウッドストック』でのジョニ・ミッチェルなどさまざまなアーティストとのコラボ曲が収録されている。また、ジミの所属していたバンド・オブ・ジプシーズのビリー・コックスとバディー・マイルズはもちろん、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのドラマー、ミッチ・ミッチェルとベースのノエル・レディングも1973年作の『ヒア・マイ・トレイン・ア・カミン』に参加している。

自身の嘔吐物による窒息死で1970年に若干27歳の若さで他界したジミは、2013年に『ピープル、ヘル・アンド・エンジェルス』、2010年に『ヴァリーズ・オブ・ネプチューン』と2作の遺作アルバムがこれまでに発表されている。今回発表される『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』には1968年1月から1970年2月にかけてレコーディングされた全13曲が収録される。

ザ・ビートルズやデヴィッド・ボウイ、エリック・クラプトンなどを手がけてきた有名エンジニアのエディ・クレイマーが、ジミの妹ジェイニー・ヘンドリックスとプロデューサーのジョン・マクダーモットと共同プロデュースを務めている。クレイマーはジミの最後の遺作となるこの作品に参加できたことは感激だったとして、「ジミの真の家とはスタジオだったんだ。そこで音楽と魔法が生まれたんだよ」「彼はレコーディングの全てを愛していた。当時とそして今もその制作過程に参加できることは非常に嬉しいし、光栄だよ」と語っている。

©BANG Media Internationa

Recomended Post