095
Culture Post

マーゴット・ロビー、ハーレイ・クイン役の続投を熱望

 

マーゴット・ロビー(Margot Robbie)はDCエクステンデッド・ユニバースさらにハーレイ・クイン役を演じられることを願っているそうだ。

Photo:bangshowbiz

2016年にデヴィッド・エアー監督作『スーサイド・スクワッド』からはじまり、その続編と新作『ゴッサム・シティ・サイレンズ』でもジョーカーの恋人であるそのキャラクターを演じるマーゴットだが、さらにその「クレイジーな」悪役を続投していきたいそうだ。

ヴァラエティ誌とのインタビューでマーゴットはこう話す。「私のことを知りたいと言われると、変な気分なの。だって私の仕事って別人を演じることでしょ。私なんてたぶんつまらないわ」「でも演じるキャラクター達は最高だから、その人たちのことを聞いて。ハーレイは最高にクレイジーなキャラクターの1人だし、みんな気に入っているみたいでしょ。だからもっと彼女を演じられることを願っているわ」。

そんなマーゴットがハーレイ役を演じることに決めたのは、エアー監督の作品が大好きだからだったそうで、「私が『スーサイド・スクワッド』に出演することにしたのは、『エンド・オブ・ウォッチ』が大好きで、映画館で4回くらい見たほどだったからなの」と明かした。

スーパーヴィラン達がアメリカを守るために立ち上がる姿が描かれた『スーサイド・スクワッド』は続編の製作が進んでいるが、エアー監督は『ゴッサム・シティ・サイレンズ』に集中するために監督の座を降りており、ギャヴィン・オコナーが後任に決定している。

©BANG Media Internationa

Recomended Post