949
Culture Art

奥山由之新作個展! ある村の日常を切り取る

©Yoshiyuki Okuyama

奥山由之の個展「As the Call, So the Echo」が、東京は竹芝、Gallery 916にて開催中だ。いま注目の若手写真家の最新作約70点が語りかけるものとは?

Text:Ken Suzuki

pic2(650:450)
©Yoshiyuki Okuyama

奥山由之は、1991年生まれの写真家・映像作家。2011年の『Girl』で第34回写真新世紀優秀賞、2016年の『BACON ICE CREAM』で第47回講談社出版文化賞写真賞を受賞する傍ら、くるりやクリープハイプ、never young beachなどのCDジャケット、はたまた有名ブランドの広告も手がける、まさに今“売れっ子”の作家だ。

pic3(650:450)

そんな奥山が今回切り取ったのは、東京から離れたある村の日常だ。友人が住むその村での撮影は、ある時から止まってしまった“写真の持つ気配”をもう一度再生させるきっかけとなった——奥山がそう語るように、展示される作品には包み込まれるような優しさや暖かさが漂う。

pic4(650:450)

併設の展示室Gallery 916 smallでは、映像作品の特別上映が行われるほか、展覧会に併せて刊行される写真集『As the Call, So the Echo』(赤々舎)の先行販売も行われる。新進気鋭の作家が映し出す“生きる喜び”を、見逃すな。

Yoshiyuki Okuyama「As the Call, So the Echo」
会期/2017年11月18日(土)〜 12月24日(日)
会場/Gallery 916
住所/東京都港区海岸 1-14-24 鈴江第3ビル 6F
時間/11:00〜20:00(土・日・祝日は18:30まで)
料金/一般800円、大学生・シニア500円、高校生300円、中学生以下無料
休廊/月曜(祝日を除く)
TEL/03-5403-9161
URL/www.gallery916.com

Recomended Post