435
Culture Post

サム・スミス、ニューアルバムを11月3日リリース

Sam Smith, The Thrill of It All

 

サム・スミス(Sam Smith)のニューアルバム『ザ・スリル・オブ・イット・オール(The Thrill of It All)』が11月3日にリリースされる予定だ。

Photo:bangshowbiz

ツイッターを通してサムは「ファンのみんな。やっとこのニュースを発表できると思うと興奮するよ。2枚目のアルバム『ザ・スリル・オブ・イット・オール』が11月3日にでるよ。予約とライブに関する情報はhttp://samsmithworld.comで確認してね」と呼びかけた。

最近また音楽に復帰し、『トゥー・グッド・アット・グッバイズ ~さよならに慣れすぎて』が3週連続でトップチャート入りを果たしていたサムはアルバムについてこう語った。「僕が付き合っていた人についての歌が4曲入っているんだけど、『トゥー・グッド・アット・グッバイズ』はそのうちの1つなんだ。もちろんアルバムはそれだけじゃなくて、名声や世界について、そのほか人々の関係性について歌ったものもあるよ」。

また自分の音楽を世間は求めていないのではという心配もあったとしてBBC『ニュースビート』でこのように打ち明けている。「それが僕が一番恐れていたことなんだ。僕は音楽を作りツアーで世界を回ることができて本当に幸運だと思っているし、それを当たり前のことだなんて感じていない。人々がまた僕の声なんて聴きたくないんじゃないかって本当に怖かったけど、そうでなかったことをみんなに感謝している。でも数ヵ月後にはまたうんざりされるかもしれないけどね」。

サムは2014年にアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』でデビューした後、同作でグラミー賞を4部門で受賞、ブリット・アワードで2部門など世界的成功を収め、更には『007 スペクター』の主題歌でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞も受賞した。

©BANG Media International

Recomended Post