751
Culture Post

アリシア・キーズが「ティファニー」に『No One』アカペラバージョンを提供

Alicia Keys, no one, tiffany

 

アリシア・キーズ(Alicia Keys)が「ティファニー(Tiffany & Co.)」とのコラボレーションの一環として、自身の2007年のヒット曲『No One』のアカペラバージョンを提供した。

Photo:bangshowbiz

同曲は「ティファニー(Tiffany & Co.)」の「ビリーブ・イン・ラブ(Believe in Love)」キャンペーンのコマーシャルに使用される。

アリシアは同ブランドと協力して美しい広告を作ることができ光栄に感じているそうで、このように語っていた。「愛とそれに対するコミットメントは私たちと同じで、それぞれにユニークで個人的なものだわ。あらゆる人々の関係性は認められ、そして祝福されるべきよ。現在、私たちはこれまでにないほど愛を必要としているんだし、自分の音楽精神にぴったりの美しいものに私の声が使われることをとても光栄に思うわ」。

また、同ブランドは今回のコマーシャルのコンセプトに関して声明文を通して「あらゆる形で表現される愛へのコミットメントを称えているのです。カップルの多様性に焦点を当て、お互いが精神的につながり、親密で個性的なジェスチャーを交わすことを表現しています」と説明している。

また、アリシアは6歳の息子エジプト君と2歳のジェネシスちゃんを共にもうけた夫スウィズ・ビーツに対する愛が日に日に深くなってきているとして以前、自身の結婚記念日にこう明かしていた。

「今日で結婚して7年になるわ。とってもワクワクしているの!」「私たちの愛はより深まり、2人の関係は可能性に満ちている。私たちの将来をとても楽しみにしているの。子供のように純粋な気持ちでお互いを見つめ合いながら、毎日2人の関係の素晴らしさに驚かされているわ!」。

©BANG Media International

Recomended Post