335
Culture Art

NYベースで活躍するアーティスト、大山エンリコイサムの新作個展

大山エンリコイサム,Enrico Isamu Ōyama
Enrico Isamu Ōyama, FFIGURATI #183, 2017 Carving and mechanical pencil on a framed print purchased in New York  (H)33.9cm x (W)26.3cm  © Enrico Isamu Ōyama Photo © Suguru Ikeda

NYを拠点に、国内外で活動するアーティストの大山エンリコイサムの個展を、東京・西麻布のコートヤードHIROOにて開催。「ファウンド・オブジェクト」シリーズでのみで構成される個展は今回が初めて。

Text:Akane Naniwa

グラフィティ文化の視覚言語を翻訳したモチーフ「クイック・ターン・ストラクチャー(Quick Turn Structure)」で知られる大山エンリコイサム。「シュウウエムラ(shu uemura)」や、「コムデギャルソン(COMME des GARÇONS)」とコラボレーションするなど、その活動の幅も広いアーティストだ。

本展のために制作した「ファウンド・オブジェクト」シリーズの新作15点を公開。これは、ニューヨークをはじめ、世界各地を旅する中で見つけた匿名のドローイング、写真、プリントなどの上に、「クイック・ターン・ストラクチャー」を配置したシリーズ。紙ヤケ、シミのついた作品や、傷んだフレームが、顔の見えないつくり手やその場所、時代に鑑賞者を誘う作品となっている。

また会場となるコートヤードHIROOは、旧厚生省公務員宿舎として建てられたものであり、現在はさまざまな活動が行われる協業空間となっている。施設内のレストラン81では、本展にインスピレーションを受けて構成されたコースの提供も。9月30日(土)18:30〜は、ウッドデッキにてCo.山田うん所属のダンサーとのコラボパフォーマンスも開催予定。
「ファウンド・オブジェクト」シリーズのみで構成される個展は今回が初。施設全体と合わせて楽しみたい!

大山エンリコイサム個展「ファウンド・オブジェクト Found Objet」
期間/2017年9月1日(金)〜9月30日(土)
会場/コートヤードHIROO 3F ガロウ
住所/東京都港区西麻布4-21-2
時間/12:00〜19:00 
休館日/日曜、祝日
TEL/03-6427-1185
URL/cy-hiroo.jp/topics/ctg/gallery

Recomended Post