リアーナ、フェンティのコスメラインは自分らしさを全面に | Numero TOKYO
Beauty / Post

リアーナ、フェンティのコスメラインは自分らしさを全面に

リアーナ(29)は自身のコスメブランドである「フェンティ・ビューティ(Fenty Beauty)」制作の際、かなりの自由を与えてもらったそうだ。

先週あらゆるタイプの肌色にも適したコスメとして同ブランド商品をリリースしたリアーナだが、デザイン、パッケージとあらゆる過程において、思うようにやらせてもらえたとグラツィア誌にこう語っている。「作りたいものを何でも作れるという大きな自由を得られたの。カラー、シェイドからパッケージのフォントに至るまで全てにおいてね」「メイクはたくさんの商品があって楽しいわ。気分や、その時のファッション、行く場所なんかで様々に使い分けてみて」。 また、リアーナは女性の美しさの本当の鍵となるのは肌であるという自身の信条が製品の開発のきっかけとなったそうで、マットなベースとハイライトを付けた後に余分な部分を取り除くなどの方法などで実現した完璧な肌を“ザ・フェンティ・フェイス"と呼んでいる。 他にも、リアーナは実際自身のスタイルは流行を追わないことだとしてそのユニークな要素を同ブランドにも付加しているようで、ピンキーヌードというカラーの脂取り紙を紹介している。 「『フェンティ・ビューティ』の定番色ピンキーヌードを使っているの。普通の脂取り紙とは違って、ちょっとセクシーになるでしょ」。 ©BANG Media International

Photo:bangshowbiz

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する