『スーサイド・スクワッド』続編の監督が決定 | Numero TOKYO
People / Post

『スーサイド・スクワッド』続編の監督が決定

Suicide Squad
Suicide Squad

『ザ・コンサルタント(The Accountant)』などで知られるギャヴィン・オコナー(Gavin O'Connor)が『スーサイド・スクワッド(Suicide Squad)』続編の監督に決定した。

DCエクステンデッド・ユニバースを舞台にした同作の第2弾からはジャウム・コレット=セラが監督から降板していたが、『ジェーン』などを手がけたオコナーがその座を引き継ぐことになったとザ・ハリウッド・レポーターは伝えている。 この続編に向けては第1弾の監督を務めたデヴィッド・エアーが『ゴッサム・シティ・サイレンズ』の製作に集中するために離脱したことから始まり、後任となった『ロスト・バケーション』などで知られるコレット=セラも、ディズニーの『ジャングル・クルーズ』製作に関連したとみられる理由から降板していた。一度はメル・ギブソンも監督候補と噂されていたほか、ジョナサン・レヴィンやダニエル・エスピノーサ、ルーベン・フライシャーらの可能性も囁かれていた。 そんな中、同シリーズでリック・フラッグ大佐を演じるジョエル・キナマンは以前、脚本が現在執筆されていて、来年中にも撮影が始まる予定であることを明かしていた。 ©BANG Media International

Photo:bangshowbiz

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する