757
Fashion Post

ティム・バートンが実写版『ダンボ』のキャストを発表

Dumbo, Tim Burton, Colin Farrell, Danny DeVito, Eva Green, Michael Keaton
Dumbo, Tim Burton, Colin Farrell, Danny DeVito, Eva Green, Michael Keaton

最新実写版『ダンボ(Dumbo)』に、コリン・ファレル(Colin Farrell)、ダニー・デヴィート(Danny DeVito)、エヴァ・グリーン(Eva Green)、マイケル・キートン(Michael Keaton)が出演することが決まった。

ディズニーの公式ファンクラブD23のイベント「D23エキスポ」で公開された短編ビデオに登場したティム・バートン(Tim Burton)監督は、同実写版の制作開始を発表し、ニコ・パーカーとフィンリー・ホビンズも含めたキャスト陣を明かした。

同作の公式のあらすじによると、コリン演じるサーカス団のスターだったホルト・ファリエが戦争から帰還し、ダニー演じるサーカス団のオーナーによって耳の大きい象の子どもの面倒役に配属されたことで、人生が大きく変わっていく様を描いているという。サーカス団は困難を迎えているものの、ニコとフィンリー演じるホルトの子どもたちが、その子象が飛べることを発見したことで、起業家V.A.ヴァンディヴァー(マイケル)と空中曲芸師コレット(エヴァ)が手を組み、子象をスターにのし上げるべく乗り出す。

実写をベースにアニメの要素も組み込む同作は、イギリスで撮影されることになっており、現在のところ2019年3月29日に全米公開となる予定で、アーレン・クルーガーが、脚本を執筆しているほかジャスティン・スプリンガーと共にプロデュースも担当している。

オリジナル版『ダンボ』は、耳が大きいことで周りからいじめられていた一人ぼっちの子象が、自分の力を証明しようと奮闘する姿が描かれている。

©BANG Media International

Photo:bangshowbiz

Recomended Post