001
Fashion Post
「Dior」のかつてない大回顧展がパリでスタート
Dior,
(C) EMMA SUMMERTON

「ディオール(Dior)」が7月5日~翌1月7日まで、パリ装飾芸術美術館にてクリスチャン・ディオールのファースト コレクション発表から70周年を祝福するエキシビションを開催。1947年春夏コレクションで「ニュールック」を発表して以来、20世紀のファッション界の中心的存在となったクリスチャン・ディオールと、その後を継いだ6人のアーティスティック ディレクターの創造の世界をひも解いていく。

Text:Anri Murakami

エキシビションでは、1947年のデビューから現在までのデザインから、厳選された300点以上のオートクチュールドレスやアトリエで使用された生地、ファッションフォト、デッサンなどを展示。帽子やジュエリー、バッグ、シューズ、香水瓶なども集められ、かつてない壮大な展示に。


クリスチャン・ディオール、1956年秋冬オートクチュール

クリスチャン・ディオールとその後継者であるイヴ・サンローラン、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレ、ジョン・ガリアーノ、ラフ・シモンズ、マリア・グラツィア・キウリ、6 人のアーティスティック ディレクターが、どのようにブランドを形成し、世界のオートクチュールを代表する名声を打ち立ててきたかを考察していく。

DIOR_ROBE_PALLADIO_CREDITS_PHOTO_NICHOLAS_ALAN_COPE
ジャンフランコ・フェレがデザイン、1992年春夏オートクチュール

手掛けるのは2人のキュレーター、フロランス・ミュラーとオリヴィエ・ギャベ。美術館初の試みとしてモード セクションとホール部分をひとつにし、約3,000㎡の巨大なスペースでテーマごとに作品を紹介していく。

また、展示品は、クリスチャン・ディオールの幼少期、海に面したノルマンディの別荘で過ごした時代から始まり、ファッションイラストレーターとしての修行時代を経て、オートクチュールの世界へと飛び込む20年代へ。本格的にファッションに従事する以前1928~34年に、友人とともに経営していた画廊の一連の資料からは、ジャコメッティ、ダリ、ジャン・コクトーなど、同輩の若い芸術家たちとの交流も読みとることができる。

DIOR_ENSEMBLE_SHEHERAZADE_CREDITS_PHOTO_NICHOLAS_ALAN_COPE
ジョン・ガリアーノがデザイン、1998年春夏オートクチュール

アールヌーヴォーの収集家でもあったクリスチャン・ディオールが所有する美術品からは、「ディオール」のドレスに通ずる美学やデザインを感じ取ることも。さらに、その後継者たちが、メゾンの精神に刻み込んだテーマをひとつずつ展開していく。

DIOR_ROBE_HC_AH12_CREDITS_PHOTO_NICHOLAS_ALAN_COPE
ラフ・シモンズがデザイン、2012年秋冬オートクチュール

クチュリエがこの世を去った1957年以降、その後メゾンのスピリットを継いだ歴代のアーティスティック ディレクターのビジョンや解釈を、連続した6つのギャラリーで展示する。

21歳と若くしてその地位に抜擢されたイヴ・サンローラン、それに続いた熟練のマルク・ボアン。華やかなジャンフランコ・フェレ、ドラマチックな時代を創り上げたジョン・ガリアーノ、ミニマルな主張を取り入れたラフ・シモンズ、初の女性アーティスティック ディレクター マリア・グラツィア・キウリのフェミニズムを反映した視点…。

DIOR_ROBE_ESSENCE_DHERBIER_CREDITS_PHOTO_NICHOLAS_ALAN_COPE
マリア・グラツィア・キウリがデザイン、2017年春夏オートクチュール © Photos Les Arts Décoratifs / Nicholas Alan Cope

回顧展には、パリで初公開される「ディオール」所蔵の作品含め、フランス、そして世界の美術館やプライベートコレクションから集められたものが一堂に集結。初公開のドレスも展示される。メゾンの軌跡を辿ることのできる壮大な展覧会に、期間中ぜひ足を運んで。

クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ
会期/2017年7月5日(水)~2018年1月7日(日)
会場/パリ装飾芸術美術館 107 rue de Rivoli, 75001 Paris
Tel/+33 01 44 55 57 50
URL/www.dior.com/

Recomended Post