小林エリカが個展で描く見えない “光” | Numero TOKYO
Art / Post

小林エリカが個展で描く見えない “光”

小林エリカ「彼女は鏡の中を覗き込む/庭」

小林エリカの個展「彼女は鏡の中を覗き込む/庭」が、南青山のGALLERY 360°で開催中だ。
自身4度目となる今回の個展で、彼女が ”覗き込んだ” ものとは……?

2014年の小説『マダム・キュリーと朝食を』(集英社)が三島由紀夫賞と芥川賞にノミネートされ、マンガ家としては『光のこども』(リトルモア)を発表するなど、マルチに活躍するアーティストである彼女。今回の個展は、新作短編集『彼女は鏡の中を覗き込む』(集英社)の刊行に合わせて企画されたものだ。 「目に見えないもの(たとえば、時間、歴史、放射能)にまつわる場所を見えないのにわざわざ訪ねて行って見に行く、というのをひたすら粘り強く続けています」と語る彼女。今展で展示される新作インスタレーションも、小説中に登場する「庭」をモチーフに、見えない “光” を描こうとした作品だ。 過ぎ去った歴史を、あるいは作家の想いを追体験できることは、アートの魅力のひとつだ。 福島の原発や、パリにあるキュリー夫人の研究所を訪ね歩いた小林氏。そんな彼女の頭の中を、作品を通してあなたも “覗き込んで” みてはいかが? 小林エリカ「彼女は鏡の中を覗き込む/庭」 会期/2017年5月12日(金)〜 5月27日(土) 会場/GALLERY 360° 東京都港区南青山 5-1-27 2F 時間/12:00〜19:00 休廊/日曜・祝祭日 TEL/03-3406-5823 URL/360.co.jp/exhibition-jp/current/

Text:Ken Suzuki

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する