662
Fashion Post
「Chanel」カブリエルの「自由の探求」を描いたフィルムを公開
Chanel,GabrielleChanel,InsideChanel,シャネル,COCO

 

「シャネル(Chanel)」は2017年、ココ・シャネルの愛称で知られた創業者のファーストネーム、ガブリエルにフォーカス。「反逆心」「自由」「情熱」「アリュール」という価値観をテーマにした4編のフィルムを、ウェブサイト「Inside CHANEL」で1年を通して順次発表する。その第20章「ガブリエル 自由の探求」が公開された。

Text:Anri Murakami

誰かに頼ることなく、デザイナーとして自身のメゾンを立ち上げたカブリエル。絶対的な慣習に反発しながら、女性の自由を勝ち取り、伝統的でマスキュリンな素材でもあるジャージーやツイードを用いた、革新的なスタイルを生涯打ち出してきた。

それらのシグニチャーは、やがて「コード」から「シンボル」に。あらゆるラインやシルエット、マリニエール、スーツを取り入れ、帽子から女性の髪を解放し、日に焼けた肌が輝く美しさの印であり、フェミニニティとなることを確立していく。

「翼を持たずに生まれたのなら、翼が生えてくるのを妨げてはならない」。カブリエルのこの言葉が示すように、第20章「ガブリエル 自由の探求」では、「勝ち取る」「極める」「愛する」という彼女の自由の概念、歴史を探っていく。

一方で、今も愛される香水「N°5」では、調香の世界に革命をもたらし、表現の場をジュエリーへと移した後は、「ダイヤモンド ジュエリー」をはじめとする、ハイジュエリーを世の女性たちに提案してきた彼女。

03_Inside_Chanel_Chapter_20_Gabrielle_The_Quest_For_Freedom_square_1920_1080

常に上を目指しながら、クリエイティビティを妨げるルールや規制にも屈せず、なりたい自分になるために、身体とさらに精神までも自由に。運命を意のままにするために勝ち取った「自立」は、やがて彼女が手放すことのない正義となっていく…。

「Inside CHANEL」は、ガブリエル・シャネルとカール・ラガーフェルドのヴィジョンの一面を明らかにし、新たな発見へと導いてくれるものに。「慣習」という言葉に隠れた、足かせを外して。カブリエルと同じように、このフィルムから「自由の探求」を紐解いてみて。

INSIDE CHANEL
HP/www.inside.chanel.com
#GabrielleChanel #InsideChanel

Recomended Post