245
Culture Post
カーリー・クロス、DVFアワードで受賞へ
Karlie Kloss

 

モデルのみならず企業家としても活躍するカーリー・クロス(Karlie Kloss)が来月6日にニューヨークの国連本部で開催されるDVFアワード授賞式でインスピレーション賞を手にすることになった。


Photo:bangshowbiz

ファッションデザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグとザ・ディラー=フォン・ファステンバーグ・ファミリー・ファウンデーションによって設立され、今年で第8回目を迎える同アワードにおけるインスピレーション賞は、自身の経験を通して人々の生活を改善する影響を与えた人に与えられる。

モデル業だけでなく起業家としても成功しているカーリーは、「コード・ウィズ・クロッシー」と呼ばれる若者向けの2週間のアプリ作成プログラミングのコースを立ち上げたり、モモフク・ミルク・バーと共同でグルテンフリーのビスケット「クロッシーズ」を発表してその売上で必要とする人々にすでに100万もの食事を提供したりと、さまざまなプロジェクトでの実績が認められ、賞を手にすることになった。WWDによれば、同賞受賞者には、さらなる活動に向けて5万ドル(約570万円)の支援金も与えられることになるという。

そんなこれまでの功績が称えられることになったカーリーは、「コード・ウィズ・クロッシー」の最終的なゴールがテクノロジーに興味のある「志を同じくするガールズによるコミュニティを作る」ことだと語っていた。「コード・ウィズ・クロッシーで本当に私がやりたいことは、テクノロジーを学ぶ情熱と好奇心を共有する志を同じくするガールズによるコミュニティを作って、この志を同じくする女性たちを一堂に集めること。それがゴールよ」。

©BANG Media International

Recomended Post