883
Fashion Post

クロエ・セヴィニー、
J.W.アンダーソンの2017年春夏キャンペーンの顔に

Chloë Sevigny
Chloë Sevigny

女優のクロエ・セヴィニー(Chloë Sevigny)がJ.W.アンダーソン(J.W.ANDERSON)の2017年春夏キャンペーンの広告塔に起用された。

同ブランドは、写真家ジェイミー・ホークスワースが撮影を担当した同キャンペーンのモデルの1人にクロエを起用したことをソーシャルメディアで発表した。同ブランドのインスタグラムには、白のラップドレスにポインテッドトゥのフラットシューズを合わせたクロエの写真が投稿されている。

これまでルイ・ヴィトン、クロエ、ミュウ・ミュウなどのトップブランドで顔を務めてきているクロエは以前、若さを維持している理由について子供がまだいないからと持論を展開していた。「まだ子供がいないからだと思うの。赤ちゃんって体を酷使されてストレスを与えられるから、人は『なんであなたはそんなに若く見えるの?』って聞いてしまう理由の1つだと思うの。残念ながらそのせいで女性は老けてしまうと思うわ。特に20代じゃなくて、30代に子供を産むとね。だから、何よりもまず、子供、それに遺伝子的なものだと思うのよ」。

そんな若さを維持するクロエだが、40歳を過ぎたあたりから急激に体の変化に気づき始め、不安を抱えていると話していた。「40歳になった途端、あんまり嬉しくないことが始まったって感じるし、少し怖くなってきたわ」。

Recomended Post