832
Culture Post

回る粘土とくゆる煙のアート!?小金沢健人展@スパイラル

『Why We Build』2015

東京に生まれ、現在はベルリンを拠点に活動するアーティスト、小金沢健人の個展が、青山の複合文化施設「スパイラル」で開催中だ。会場にはドローイング、オブジェ、映像作品、煙など様々な表現メディアを用いた作品が並ぶ。
…………煙??

Text:ken Suzuki

そう、モクモクと立ち上る、あの煙である。
煙が立つのは、小金沢がドイツのヴォルフスブルグ市美術館で発表した2015年の映像作品『Why We Build』から派生したインスタレーション作品。その作品では、映し出される映像と呼応するように、形の異なるいくつもの粘土のオブジェが回転し、そして白い煙が高さ16mの天井に向かって漂う。

今展もう一つの目玉は、270枚のドローイングと映像作品で幅20mの壁を埋め尽くした作品だ。A4サイズの紙に3つの山を3色で描いた作品『mountains』、それが270枚並ぶことによって現れる810もの山々は、そのストイックさと同時に、壮大な光景を演出する。

回転する粘土、少しずつその姿を変えて反復される山々。自然から借りた形象に「動き」や「かたち」を与えた人為的な作品が並ぶ一方で、くゆる煙はあくまで自然のままに、現れては消えていく。「コントロールの効かない自然」というモチーフは、現在の私たちにとってあまりにもタイムリーだ。

天気予報を見ると、会期最終日の日曜日には晴れマークが付いている。貴重な晴れ間を使って、ぜひ足を運んでみてはいかが?

小金沢健人展「煙のゆくえ」
会期/2016年9月13日(火)〜 9月25日(日)
会場/スパイラルガーデン(スパイラル1F) 東京都港区南青山 5-6-23
時間/11:00〜20:00(会期中無休)
TEL/03-3498-1171
URL/www.spiral.co.jp/koganezawa

小金沢健人「クロージングトーク」
日時/9月25日(日)17:00〜18:30
会場/スパイラルガーデン(スパイラル1F) 東京都港区南青山 5-6-23
登壇者/小金沢健人
司会/加藤育子(スパイラル キュレーター)
※入場無料。申込不要。

『Why We Build』2015

Recomended Post