424
Culture Post

エイミー・ポーラー、悲願のエミー賞初受賞!

Amy Poehler
Amy Poehler

エイミー・ポーラー(Amy Poehler)が先週末に行われたエミー賞で初の受賞を果たした。

『パークス・アンド・レクリエーション』に出演していたことでも知られるエイミーは、『サタデー・ナイト・ライブ』のゲスト司会を共に務めたティナ・フェイとコメディ部門ゲスト女優賞に輝いた。これまで17回に渡ってノミネートされてきたエイミーにとって悲願の初受賞となったものの、ティナともども式典には出席していなかったため、トロフィーを直接受け取ることはなかった。

そんな中、エミリア・クラーク、ソフィー・ターナーらが出演するHBOシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』がキャスティング賞、プロダクション・デザイン賞、特別視覚効果賞などを含む7つの賞を獲得し、ネットフリックスの『殺人者への道』がドキュメンタリーシリーズ賞、脚本賞、監督賞、編集賞と4部門に輝いた。

一方、リアリティ/コンペティション番組部門のホスト賞を『ル・ポールのドラァグ・レース』の司会を務めるル・ポール・チャールズが獲得した。ヘアスタイリング賞、プロダクション・デザイン賞を受賞した人気ドラマシリーズ『ダウントン・アビー』のクリエーターを務めたジュリアン・フェロウズも出席した同式典は10日(土)、11日(日)の2日間にわたってロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催された。

©BANG Media International

Photo:bangshowbiz

Recomended Post