フィオナ・タンの新作展示が六本木と静岡で同時開催! | Numero TOKYO
Culture / Post

フィオナ・タンの新作展示が六本木と静岡で同時開催!

Video still from 『Ghost Dwellings III』, 2013–2014 © Fiona Tan, courtesy of WAKO WORKS OF ART

巧緻に作り込まれたインスタレーション作品を用いて、歴史やアイデンティティといった “物語” にまなざしを向けた映像で知られるアーティスト、フィオナ・タン。国際的にも評価の高い彼女の、日本初公開となる新作を含んだ展覧会が、六本木と静岡の2会場で開催中だ。

六本木のギャラリー、WAKO WORKS OF ARTで開催中の「Recent Works」でメインとなるのは、『Ghost Dwellings Ⅲ』という映像作品。同シリーズのⅠ、Ⅱでは財政破綻をきたしたデトロイト市や、リーマンショックの影響で廃墟同然と化したアイルランドのコーク市を撮影してきたが、今回のⅢでは、震災後の福島が映し出される。一瞬の出来事によって人々が消えた場所、そこに染み付いた住人の想いは、まさに亡霊のように、私たちに語りかける。

pic2(650:450)
pic2(650:450)
一方、IZU PHOTO MUSEUMの展示「Ascent」の中心は、富士山をモチーフとした新作『Ascent』。この77分間の映像作品に用いられたのは、約4000枚にも及ぶ富士山を被写体とした写真。「雲がときに富士山の姿をその合間から現したり、またときにその姿を覆い隠したりするように、数千ものイメージが雲のように山を取り巻く」世界であるとタン自身が語るように、古今の写真のモンタージュは、浮世絵の時代から第二次世界大戦へ、帝国主義の時代から現代のツーリズムへ、写真の黎明期からデジタル全盛の現代へ……イメージはジグザグと登山するかのように、歴史を蛇行していく。 “岡目八目” という言葉があるように、当事者でないからこそ、えぐり出せるものがある。 ちょうど人間が、自分の背中のホクロの数を、一人では正確に数えられないように。 タンというアーティストの目を通して見えた日本を、あなたもぜひ、その目で。 Fiona Tan「Recent Works」 会期/2016年7月23日(土)〜 9月21日(水) 会場/WAKO WORKS OF ART 東京都港区六本木 6-6-9 ピラミデビル 3F 時間/11:00〜19:00 休廊/日曜・月曜・祝祭日    ※夏期休廊 8月14日(日)〜 8月22日(月) TEL/03-6447-1820 URL/www.wako-art.jp/top.php Fiona Tan「Ascent」 会期/2016年7月18日(月・祝)〜 10月18日(火) 会場/IZU PHOTO MUSEUM 静岡県長泉町東野クレマチスの丘 347-1 時間/(7・8月)10:00〜18:00    (9・10月)10:00〜17:00    ※入館は閉館の30分前まで 休館/水曜 TEL/055-989-8780 URL/www.izuphoto-museum.jp/exhibition/208709273.html Video still from 『Ghost Dwellings III』, 2013–2014 © Fiona Tan, courtesy of WAKO WORKS OF ART Video still from 『Ascent』, 2016 © Fiona Tan Photo by Higuchi Masaharu

Text:Ken Suzuki

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する