490
Culture Post

デンマーク王室も観覧予定!
渋谷慶一郎+初音ミク「THE END」

keiichiroshibuya mikuhatsune
keiichiroshibuya mikuhatsune

渋谷慶一郎+初音ミクのボーカロイドオペラ「THE END」が8月にドイツ、デンマークで連続公演することが発表された。

Text:Yukiko Shinmura

電子音楽アーティスト渋谷慶一郎と、ボーカロイド初音ミクによるオペラ『THE END』。初演以来、世界中で絶賛されロングランヒットとなっているこの作品が今年8月、ドイツ・ハンブルグとデンマーク・オーフスで上演されることが決定。山口、東京、パリ、アムステルダムに続く大規模なフェスティバルでの公演となり、早くもヨーロッパを中心に大きな話題となっている。

『THE END』は渋谷を中心に、映像作家のYKBX、サウンドアーティストのevalaといった各分野のトップクリエイターが集結した世界初のボーカロイドオペラプロジェクト。高解像度プロジェクターで姿を現した初音ミクが、「死とは何か?」「終わりとは何か?」といった伝統的なオペラでみられる悲劇の構造を、初音ミクを媒介にして現代に読み替えるという試みがなされている。公演のために劇場には膨大な数の高解像度プロジェクターとマルチチャンネスピーカーが運び込まれ、そこから溢れ出す音と映像の洪水が、観客を飲み込む。

作中で初音ミクが着用している衣装はルイ・ヴィトンが担当しており、2013年春夏コレクションをもとに当時アーティスティック・ディレクターを務めていたマーク・ジェイコブスがデザインしたオリジナル作品。

2012年の山口情報芸術センター(YCAM)での初お披露目以降、世界中から上演オファーを受け、2013年5月には東京のBunkamuraオーチャードホール、2013年11月のパリ・シャトレ座、そして昨年6月には国際的な芸術フェスティバル「Holland Festival(ホランド・フェスティバル)」招聘公演としてオランダ国立オペラ&バレエシアターで上演され、いずれの公演もチケットはソールドアウト。超満員の劇場にて大喝采とともに幕を閉じた。

今回、上演を行うことになった「ハンブルグ・国際サマーフェスティバル」と「オーフス・フェスティバル」は、両者とも、ヨーロッパ最大級のアートフェスティバルとして知られており現地からは熱い期待を寄せられている。

「ハンブルグ国際サマーフェスティバル」では、ビジュアルアートや映像など世界中50演目以上の新規性のある招聘作品のメインアクトとして上演。また、「オーフス・フェスティバル」は、世界中から30万人以上の来客が見込まれるなか、本作がデンマーク王室も鑑賞予定のオープニング・ガラ公演を飾ることが決定している。初演から4年の時を経て「THE END」の快進撃は止まらない。

Kampnagel – INTERNATIONAL SUMMER FESTIVAL HAMBURG
公演日/2016年8月18日(木)、19日(金)、20日(土)
公演回数/3回公演(1日1回公演)
開催都市/ハンブルグ/ドイツ
会場名/Kampnagel
住所/Jarrestraße 20, 22303 Hamburg, Germany
収容人数/約800席
主催者/INTERNATIONAL SUMMER FESTIVAL HAMBURG
www.kampnagel.de

Aarhus Festuge
公演日/2016年8月26日(金)
公演回数/2回公演(夜のみ2回公演)
開催都市/オーフス/デンマーク
会場名/Musikhuset Aarhus
住所/Thomas Jensens Allé 2, 8000 Aarhus C, Denmark
収容人数/約1500席
主催者/Aarhus Festuge
aarhusfestuge.dk

いいね!

Recommended Post