001
Fashion Post

マックスマーラ「ホイットニーバッグ」
誕生1周年記念のリミテッドエディション

maxmara
maxmara

ニューヨークのミートパッキング地区に移設オープンしたホイットニー美術館。そのオープニングパーティのスポンサーを務めたマックスマーラ(Max Mara)と、美術館の設計を手掛けたレンゾ・ピアノ・ビルディングワークショップがタッグを組んだ「ホイットニーバッグ」が誕生から1周年を迎える。これを記念して6月8日(水)より、オンラインショップおよびマックスマーラ 青山店、銀座三丁目店にて、アニバーサリーエディションが限定発売される。

現在ではニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)で常設展示されるほど世界的に高い評価を得ている「ホイットニーバッグ」。アニバーサリーエディションは、「フラワー」と「リーフ」のふたつの模様で登場。それぞれのモチーフが、特殊なレリーフ技術でバッグに転写されている。1914年にジョン・シンガー・サージェントが描いたガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニー婦人が、肖像画の中でまとっていたチュニックのデザインから着想を得たデザイン。ホイットニー美術館の創設者で、アメリカ美術界のパイオニアとしても歴史に名を刻む彼女へのオマージュが捧げられている。

カラーは、婦人が身につけていた真珠のロングネックレスを想起するパールカラー。「フラワー」「リーフ」はそれぞれ世界400個の限定販売。内側にはロゴの刻印が施され、シリアル番号が入っている。

2016年4月26日には、ホイットニー美術館の移設オープン1周年と、ホイットニーバッグ アニバーサリーエディションの発売を祝して、ニューヨークのホイットニー美術館にてディナーパーティーを開催。マックスマーラ会長のルイジ・マラモッティをはじめ、女優のエイミー・アダムス、写真家のマリオ・ソレンティなど、各界の著名人約70名が祝福に駆け付けた。

Whitney Bag Anniversary Edition:
A Homage to the Style of
Gertrude Vanderbilt Whitney

サイズ/H18×W22×D10cm
素材/牛革
柄/フラワー、リーフ
税抜本体価格/227,000円
発売日/2016年6月8日(水)発売予定
取扱い店舗/オンラインショップ、マックスマーラ 青山店、銀座三丁目店
URL/jp.maxmara.com/collection-whitney

Text:Yukiko Shinmura

Recomended Post