410
Lifestyle Post

九谷焼「錦山窯」の新作展
「Re -受け継がれる錦山窯の心髄-」

Rim plate :下から Water Eye、White Bless、Red Arabesque

約110年前から続く石川県小松市の九谷焼「錦山窯(きんざんがま)」の新作展「Re -受け継がれる錦山窯の心髄-」が、2016年5月27日(金)~29日(日)の3日間、東京・代官山ヒルサイドフォーラムで開催される。

Photography:Naoto Takano(ltdexp.net)  Text:Hiromi Mikuni

九谷焼の中でも、金を使った華やかな絵付けが特徴の「錦山窯」。昨年に続き2回目となる今回の新作展では、錦山窯が「OLD KINZAN」と呼ぶ過去商品の文様を、新たなデザインとして落とし込んだ新作プレートやボウルを中心に展示される。錦山窯では、絵付けには転写は行わず、筆でひとつひとつの模様を描いていくという。過去の美しい文様をリデザインしていく作業は、まるで先人からの手紙を読み解く時間のようだった、と錦山窯四代目 吉田幸央は語る。

新作は、フォークやナイフでも使えるプレートとボールのシリーズ「リム(Rim)」と、薔薇や木槿、紫陽花などの花をモチーフにした「フォーリングフラワー(Falling Flower)」。「フォーリングフラワー」には、今ではほとんど使われないテレピン叩きという技法が用いられており、アプリコット、ターコイズ、ココアの三色で展開されている。
また5月27日には、錦山窯の新作に西麻布の人気店「プレート・トキオ(plate tokyo)」がコーディネーションするプレートメニューを、ワインとともに楽しめるイベント「錦山窯× plate tokyo」も行われる。伝統的な技法をいかしながら、現代の感性で陶芸に挑み続ける「錦山窯」の新作展へぜひ足を運んでみて。

錦山窯「Re -受け継がれる錦山窯の心髄-」
期間/2016年5月27日(金)、28日(土)、29日(日)
時間/11:00〜20:30 *最終日は18:30
会場/代官山ヒルサイドテラスF 棟 ヒルサイドフォーラム
住所/東京都渋谷区猿楽町18 – 8 ヒルサイドテラスF 棟
www.kinzangama.com/

「錦山窯× plate tokyo」
日時/5月27日(金)1部 14:00〜15:00/2部 16:00〜17:00
各回定員/20名 
会費/¥3,000円(お一人様、税込価格)
申し込み制、こちらまで(info@kinzangama.com)お問い合わせください

Recomended Post