京都の町家や寺院が舞台国際フォト・フェスティバルが開幕! | Numero TOKYO
Culture / Post

京都の町家や寺院が舞台
国際フォト・フェスティバルが開幕!

KYOTOGRAPHIE
KYOTOGRAPHIE

国内外の気鋭のアーティストの作品や貴重な写真コレクションを、町家や寺院など京都の趣深い会場にて展示する国際的なフォト・フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016」が4月23日に開幕した。第4回目となる今年は「いのちの環」をテーマに、繰り返される歴史、生と死の意味するもの、他とのつながりを、写真を通して考える。

詩的かつノスタルジックな描写で人気が高いサラ・ムーンが著名な作庭家・重森三玲の旧主屋部で展示を行うほか、クリスチャン・サルデが撮影したプランクトンの顕微鏡写真と、坂本龍一の音楽、高谷史郎のインスタレーションのスペシャルコラボレーションが実現。さらに、エドワード・スタイケン、アーウィング・ペン、ウィリアム・クラインなど名だたる写真家のファッション写真が一同に集うコンデナスト社のアーカイブ展など、14の展覧会を15の会場で開催。 また、ゴールデン・ウィーク中の5月3日・4日には、岡崎公園周辺で屋外スライドショーやマルシェのイベント「Sustaina-village(サスティナビレッジ)by KYOTOGRAPHIE」を開催するほか、48の写真展を行うサテライトイベント「KG+」や、約50におよぶ多彩なパブリックプログラムなども充実している。 KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016 会期/2016年4月23日(土)〜 5月22日(日) 会場/京都市美術館別館、招喜庵(重森三玲旧宅主屋部)ほか15会場 時間/会場によって異なる(要確認) 休館日/会場によって異なる(要確認) TEL/075- 708-7108 URL/http://www.kyotographie.jp 招喜庵(重森三玲旧宅主屋部)で開催中のサラ・ムーン「Time Stands Still」展 Photo by Takuya Oshima

Text:Ai Kiyabu

Profile

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する