レイチェル・マクアダムス、アカデミー賞でオーガスト・ゲティの未発表ドレスを初披露 | Numero TOKYO
Fashion / Post

レイチェル・マクアダムス、アカデミー賞でオーガスト・ゲティの未発表ドレスを初披露

レイチェル・マクアダムス(Rachel McAdams)がアカデミー賞でオーガスト・ゲティの新作ドレスを初披露した。28日(日)に開かれた第88回アカデミー賞授賞式において『スポットライト 世紀のスクープ』で助演女優賞にノミネートされていたレイチェルは、未発表だったオーガストの新作コレクションのアイテムを着てレッドカーペットに登場し、背中部分が大胆に開いたそのエメラルドグリーンのドレスは注目を集めた。   レイチェルのスタイリストであるロブ・ザンガルディとマリエル・ハーンはこのドレスに決めた瞬間について「レイチェルがあのドレスを着た瞬間、もうワオって感じで、このドレスしかないという感覚でした」とピープル誌にコメントした。   レイチェルのスタイリングにロブとマリエルは大きく影響しているものの、アカデミー賞の前日にそのドレスのもともと5フィート(約1.5メートル)あったトレーン部分をプリーツ入りに変更しようとこだわったのはレイチェルだったようだ。ザンガルディは「多くの写真では見られないけど、あのドレスは中心部にプリーツが施されていて、先端部分はほぼ三角になっているんだ。1つのトレーンに見えるけど、実はトレーンにプリーツの入ったものなんだ。素晴らしいよ」と続けた。   このレイチェルの滑らかなシルクのホルターネックドレスは、今月5日(土)のパリ・コレクションで発表される予定だ。   レイチェルのアカデミー賞助演女優賞の獲得は叶わなかったが、『スポットライト 世紀のスクープ』は作品賞と脚本賞を受賞した。
Photo:Bangshowbiz

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する