271
Culture Post

渋谷慶一郎が”デジタル”を封印。生演奏にこだわった一夜限りのピアノ・ソロコンサート

Playing Piano with Speakers for Reverbs Only
音楽家として世界で活躍する渋谷慶一郎が、12月26日に一夜限りでピアノのソロコンサートを開催する。「Playing Piano with Speakers for Reverbs Only」と名付けられた今回の演奏会では、電子音響作品を封印。テクノロジーとのコラボレーションは一切なしの完全なるピアノソロのコンサートとなる。

会場に用意されるのは、274cmの巨大なスタンウェイのコンサートグランドピアノのみ。通常のコンサートのようにスピーカーで拡張することなく、ピアノによる生の音とサンプリングリバーヴによる残響のみが、暗転した空間を満たす。曲目は自身の作品のほか、サティ、ブラームス、バッハ、ケージなどのクラシック。そして即興が織り交ぜられながら、その一瞬にしか味わえない音が紡がれていく。

コンサートを前に渋谷は「ピアノの生音にこだわり、マイクで増幅するのは残響のみという極上の音響空間で聴くピアノソロはいままで経験したことのない。教会の儀式のようなコンサートとなるだろう」とコメント。初音ミクによる新作オペラ公演「THE END」を実現させるなど、テクノロジーを駆使した先鋭的な演奏会が増えている中、今回のような試みはとても希少。ピアノの生演奏を聞きながら過ごす、ロマンチックな冬の夜。表参道、スパイラルホールの会場へぜひ足を運んで。

Playing Piano with Speakers for Reverbs Only
開催日時/2015年12月26日(土) 開場 18:00/開演 19:00(終演後サイン会を実施予定)
場所/スパイラルホール(東京・青山)
住所/東京都港区南青山5−6−23 スパイラル3F
出演者/ピアノ:渋谷慶一郎(ATAK)
    音響:金森祥之(Oasis Sound Design Inc.)
    照明:髙田政義(RYU Inc.)
チケット/前売:S席 7,000円 sold out、A席 5,000円、P席 3,000円
     当日:S席 8,500円、A席 6,500円、P席 4,500円
前売りチケット購入ページ/http://peatix.com/event/132156
主催/ATAK
協力/Takagi Klavier Inc.
会場協力/株式会社ワコールアートセンター
URL/http://atak.jp/ja/

いいね!

Recomended Post