755
Culture Post

ジョージ・クルーニー夫妻、初の結婚記念日はこじんまりロマンチックに

George Clooney
ジョージ(George Clooney)とアマル(Amal Clooney)のクルーニー夫妻は初の結婚記念日を静かなロマチックなディナーで祝ったそうだ。昨年にイタリアのベネチアで数々の著名人が出席する中挙式した2人だが、27日(日)の結婚1周年当日にはウェスト・ハリウッドにあるサンセット・タワー・ホテル内のタワー・バーでこじんまりとお祝いしていたという。ある目撃者はUsウィークリー誌に「2人っきりのとても素敵で静かなロマンチックな食事でした」と話しており、別の目撃者も「2人は数時間滞在していました。2人ともドレスアップしてシャンペンでお祝いしていましたね。アマルは素敵なドレスに美しい宝石をつけていました」と続けた。
 
2人は同店に午後10時頃に現れたそうだが、先日ジョージは『オーシャンズ11』のプロデューサーで7月に他界したジェリー・ワイントローブの追悼式で同日にスピーチをする予定になっていると明かしていたため、その式に出席した後にディナーとなったためにそんな遅い時間になったのではないかと考えられている。結婚記念日に関して先日ジョージは「残念ながらジェリー・ワイントローブの追悼式で弔辞を述べることになっているんだ。結婚記念日に彼の追悼式に行かなきゃいけないなんて、僕に嫌な思いをさせる彼なりの最後のプロデューサー的方法なんだろうな」と語っていた。一方で、現在モルディブの大統領であるモハメド・ナシード氏の弁護を務めているアマルについては何も心配していないそうで「彼女は自分のキャリアを持った大人の女性だからね」「現地に行くわずか数日前に弁護団の1人(マフフーズ・サイード氏)が頭部を刺される事件があったからすごくたいへんだよ。でも彼女は正しいことを正しい理由に向けてやっているんだ」と話していた。
 
そんなクルーニー夫妻だが、ジョージは結婚生活における自分の役割について「ぴかぴか輝いてかわいくしていること。それが今の僕がやっていることのほとんどさ」と冗談を飛ばしていた。

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post