アマンダ・セイフライド、『ツイン・ピークス』リバイバル版に出演へ | Numero TOKYO
People / Post

アマンダ・セイフライド、『ツイン・ピークス』リバイバル版に出演へ

アマンダ・セイフライド(Amanda Seyfried)が新作『ツイン・ピークス』のキャストに加わった。90年代の大ヒットドラマの新シリーズでアマンダはヒロイン役としてテレビ界への復帰を果たすようだ。TVLine.comによれば、アマンダの役どころについては厳重にガードされているというが、複数回に渡って登場するものとみられている。   『ミーン・ガールズ』や『レ・ミゼラブル』でハリウッドの大スターとなり、『テッド2』も絶賛上映中のアマンダだが、映画スターになる前には『ヴェロニカ・マーズ』や『ビッグ・ラブ』などのテレビドラマで下積み時代を過ごしてきた。   この新作『ツイン・ピークス』はオリジナル版のクリエイターであるデヴィッド・リンチとマーク・フロストが全ての脚本を手掛けており、前作で主演を務めたカイル・マクラクランもデイル・クーパー捜査官役を続投することになっている。1990年と1991年に渡ってテレビ放送され、その翌年には映画化もされた同シリーズは、クーパー捜査官がシェリル・リー演じるローラ・パーマーの殺人事件の捜査にあたる姿が描かれた。   今年の4月にリンチは「1年4カ月の交渉期間を費やしましたが、脚本の実現に向けて僕が必要だと感じるのに十分な資金が提供されなかったために降板を決めました」と発表して一度は同作を離れたものの、最終的には米テレビ局ショータイムと合意に至ったことで再び新シリーズにも参加することになっている。
Photo:Bangshowbiz

Profile

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する