039
Culture Post

主婦と親友の夫が築く“女の友情”?! フランソワ・オゾン監督最新作が公開

talks#5_movie_top
『8人の女たち』(02)『スイミング・プール』(03)『しあわせの雨傘』(10)『危険なプロット』(12)など、数多くの話題作を生み出してきたフランソワ・オゾン監督の最新作『彼は秘密の女ともだち』。20年もの間、温め続けたという構想が遂に完成した。
 
どこにでもいるごく普通の主婦・クレール(アナイス・ドゥムースティエ)は、親友・ローラ(イジルド・ベ・ルスコ)を亡くし悲しみに暮れる日々をすごしていた。ある時、“特別な女ともだち” と出会ったことをきっかけに、彼女の日常が一変。毎日が刺激と興奮で満ち溢れた人生へと華やいでいく。その “特別な女ともだち” とは、男性の心を持ち、女性の服を纏う亡き親友の夫・ダヴィッド(ロマン・デュリス)だった。秘密を分かち合い、彼を “ヴィルジニア” と名付け、新たな友情が芽生えた2人だったが、夫・ジル(ラファエル・ペルソナ)への積み重なる嘘や想定外のハプニング、ヴィルジニアが男であるということに直面した時、彼女が最後に選んだ生き方とは––。

単に特殊なジェンダーの問題ではなく、ありのままの自分を受け入れ、人生を心から愛することの素晴らしさが描かれた本作。主人公には、今フランス映画界から最も脚光を浴び、最新作へのオファーが絶えない若手女優のアナイス・ドゥムースティエを迎え、親友の夫役で “特別な女ともだち” を、大ヒット作『タイピスト!』のロマン・デュリスが見事に演じている。性別や世代、国境をも超えたすべての人の胸を打つ、フランソワ・オゾン・ワールドで描かれた“人生讃歌”は、8月8日(土)より、シネスイッチ銀座・新宿武蔵野館他、全国順次ロードショー。<フランソワ・オゾンのインタビューはこちら!

映画『彼は秘密の女ともだち』
監督・脚本/フランソワ・オゾン
出演/アナイス・ドゥムースティエ、ロマン・デュリス、ラファエル・ペルソナ、イジルド・ベ・ルスコ
公開/2015年8月8日(土)よりシネスイッチ銀座・新宿武蔵野館他、全国順次ロードショー
配給/キノフィルムズ
© 2014 MANDARIN CINEMA – MARS FILM – FRANCE 2 CINEMA – FOZ
HP/girlfriend-cinema.com

Recomended Post