Beauty / Post

rms beauty創設者にインタビュー。ブランドの在り方、美と健康について語る

──rms beautyのとっておきの使い方があれば、教えて!
「ビューティオイル(日本未入荷)をベースメイクに使う方法をお見せしましょう。これは、ヴィクトリアシークレットの撮影でも使ったテクニックです。まず、ファンデーション アンカバーアップでカバーをして、肌の上にフェイスパウダー アンパウダー 00をパフでのせます。そして最後にこのビューティオイルを一滴落として、コットンでするすると肌を撫でると、ほら、さらりとしながらも美しいツヤ肌になるでしょう?」
──パウダーの上にオイルをのせたら普通はヨレてしまうのに、魔法のようですね!
「パウダー製品は仕上がりの良さとコスト削減を優先するとタルクやクレイが使われがちですが、rms beautyのパウダーはシリカ(コラーゲン生成を助ける美容成分として注目されるミネラル、ケイ素のこと)90%以上でできています。シリカは肌をきれいに見せながら、表面をきめ細かくさらさらに保ってくれます。そしてビューティオイルにはホホバオイル、ビタミン豊富なブリチオイルなどが配合されています。黄みがかったホホバオイルは肌なじみが良く、ほどよいツヤ感を演出してくれます。精度の高い上質な素材同士なら、普段はありえない順序で使っても、まるでシルクのように美しいツヤ肌に仕上がります」
──このビューティオイルは、エイジングケアにも良さそうなオイルですね。
「含まれているビタミンAやβカロチンはもちろん天然の形です。ニキビ肌でも、乾燥による老化が気になる肌でも、あらゆる肌タイプに対して、バランスを整え、抗酸化作用を発揮してくれます。化粧水などのベースとなる “水” にしてもそうですが、コストの安い素材というのはたくさんあって、市場に出ているものでよく使われている素材としては、ビーズワックスやヒアルロン酸などもそうですね。最近ではスキンケアアイテムとして皮膚科医も植物オイルを推奨しています。私は自分のスキンケアでも使うのは植物オイルのみ、“I love oil♡” なのです」

▶ 肌を近くで見れば、その人の体調がすぐわかってしまう
▶ 次のページへ

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する